公益社団法人霧島市観光協会 KIRISHIMA CITY TOURISM ASSOCIATION

MENU
  1. 霧島観光.comトップ »
  2. 霧島ニュース »
  3. 霧島山(新燃岳)の活動状況とえびの高原(硫黄山)の噴火警戒レベル引き下げについて(お知らせ) for English

霧島山(新燃岳)の活動状況とえびの高原(硫黄山)の噴火警戒レベル引き下げについて(お知らせ) for English

  • 霧島山(新燃岳)の活動状況とえびの高原(硫黄山)の噴火警戒レベル引き下げについて(お知らせ) for English
  • 霧島山(新燃岳)の活動状況とえびの高原(硫黄山)の噴火警戒レベル引き下げについて(お知らせ) for English
  • 霧島山(新燃岳)の活動状況とえびの高原(硫黄山)の噴火警戒レベル引き下げについて(お知らせ) for English
  • 霧島山(新燃岳)の活動状況とえびの高原(硫黄山)の噴火警戒レベル引き下げについて(お知らせ) for English
  • 霧島山(新燃岳)の活動状況とえびの高原(硫黄山)の噴火警戒レベル引き下げについて(お知らせ) for English

★ for Engrish click here ★

 

 

平成29年10月31日14時00分 福岡管区気象台・鹿児島地方気象台より下記の発表がありましたのでお知らせいたします。

【霧島山(新燃岳)】

**(見 出 し)**

<霧島山(新燃岳)の火口周辺警報(噴火警戒レベル3、入山規制)を切替>

警戒が必要な範囲を新燃岳火口周辺の概ね3kmから概ね2kmに縮小します。

<噴火警戒レベル3(入山規制)が継続>

 

**( 本 文 )**

1.火山活動の状況及び予報警報事項

新燃岳では、10月17日00時30分頃を最後に噴火は発生していません。

火山ガス(二酸化硫黄)の放出量は10月15日に1日あたり11000トンと急増しましたが、23日以降は200トン以下に減少しました。

火山性微動は、10月21日までは消長を繰り返しながら発生していましたが、その後は観測していません。

傾斜変動にも、10月16日以降特段の変化は認められません。

一方、マグマなどの火山性流体の活動を示すと考えられる低周波地震は引き続き発生しており、今後も、弾道を描いて飛散する大きな噴石が新燃岳火口から概ね2kmまで、火砕流が概ね1kmまで達する噴火の可能性があります。

またGNSS連続観測では、7月頃から霧島山を挟む基線で伸びの傾向がみられており、霧島山の深い場所でマグマが蓄積されていると考えられることから、今後も火山活動の推移に注意が必要です。

 

2.防災上の警戒事項等

弾道を描いて飛散する大きな噴石が火口から概ね2kmまで、火砕流が概ね1kmまで達する可能性があります。そのため、火口から概ね2kmの範囲では警戒してください。

風下側では火山灰だけではなく小さな噴石(火山れき)が遠方まで風に流されて降るおそれがあるため注意してください。

また、爆発的噴火に伴う大きな空振による窓ガラスの破損や降雨時の土石流にも注意してください。

地元自治体等が発表する火山ガスの情報にも留意してください。

 

【えびの高原(硫黄山)】

**(見 出 し)**

<霧島山(えびの高原(硫黄山)周辺)に噴火予報(噴火警戒レベル1、活火山であることに留意):警報解除を発表>

えびの高原の硫黄山から概ね1kmの範囲に影響を及ぼす噴火の可能性が低くなりました。

<噴火警戒レベルを2(火口周辺規制)から1(活火山であることに留意)に引き下げ>

 

**( 本 文 )**

  1. 火山活動の状況及び予報警報事項

えびの高原(硫黄山)周辺では、9月5日に硫黄山付近を震源とする振幅の大きな火山性地震

が発生し、一時的に地震が増加しましたが、その後は少ない状態で経過しています。火山性微動は観測していません。

9月5日の火山性地震の増加に伴い、硫黄山周辺の傾斜計で一時的に傾斜変動を観測しました

が、その後は停滞しています。

噴気は、9月8日に稜線上300m以上に上がりましたが、9月中旬以降は、稜線上概ね100m以下で経過しています。

10月26日に実施した現地調査では、硫黄山の火口内及び周辺の熱異常域に縮小が認められました。

火山ガス(二酸化硫黄)の放出量は、10月25日の観測では検出限界未満でした。

これらのことから、地下深部からの高温の火山ガスや熱水等の供給は低下したと考えられるため、えびの高原の硫黄山から概ね1kmの範囲に大きな噴石が飛散する噴火の可能性が低くなりました。

一方、硫黄山火口内にみられる活発な噴気域及び熱異常域では、高温の土砂や噴気、熱水等の規模の小さな噴出現象が発生し、その周辺の概ね100mの範囲に飛散する可能性があります。また、GNSS連続観測では、7月頃から霧島山を挟む基線で伸びの傾向がみられており、霧島山の深い場所でマグマが蓄積されていると考えられることから、今後も火山活動の推移に注意が必要です。

 

2.防災上の警戒事項等

硫黄山火口内の活発な噴気域及び熱異常域とその周辺の概ね100mの範囲では、噴気孔からの高温の土砂や噴気、熱水等の規模の小さな噴出現象に十分注意してください。また、火山ガスにも注意が必要です。地元自治体等が行う立入規制に従うとともに、火口周辺や噴気孔の近くには留まらないでください。

活火山であることから、最新の火山情報の確認に努めてください。

 

〇道路規制及び登山道規制(解除)について

新燃岳の規制の縮小と硫黄山の警報解除に伴い、次の道路及び登山道が利用できるようになりました。

・県道1号線(えびの高原小林線)

・県道104号線(霧島公園小林線)の一部(新湯三叉路~高千穂河原)

※ただし、台風の影響で倒木等があり、11月2日午前8時に解除の予定です

・高千穂河原~中岳中腹探勝路立入規制看板

・大浪池登山口から大浪池周回及び韓国岳山頂立入規制看板

・県境大浪池登山口~大浪池及び韓国岳山頂立入規制看板

・えびの高原~つつじが丘~韓国岳山頂立入規制看板(一部迂回路)

・池めぐり自然探勝路(周回コース)

・えびの高原~甑岳~アバンダントしらとり郷土の森(県道30号線)

 

〇登山道規制(継続)について

・えびの高原の硫黄山横~韓国岳(迂回路合流地点)

・韓国岳山頂立入規制看板~獅子戸岳~新燃岳~中岳~中岳中腹探勝路立入規制看板

・新湯登山口~獅子戸岳・新燃岳の鞍部~大幡山山頂~丸岡山~夷守岳~夷守岳登山口

・湯之野登山口~新燃岳・中岳鞍部

 

〇新燃岳火口と硫黄山火口から主要な地点までの直線距離について

Googleマップにて距離を測定

新燃岳からの直線距離 硫黄山からの直線距離
新湯分岐地点

約3.4km

約5.3km

霧島温泉市場(丸尾) 約5.9km 約6.5km
霧島神宮 約5.8km 約10.0km
霧島市観光案内所 約6.5km 約10.5km
鹿児島空港 約19.9km 約20.5km
霧島市役所 約22.1km 約24.4km

 

※鹿児島交通の運行する「霧島連山周遊バス」は11月2日より運行するよう調整を進めています。

※随時情報が更新されますので、最新情報は下記ホームページをご覧ください。

気象庁噴火警報・予報:http://www.jma.go.jp/jp/volcano/

宮崎県       :http://www.pref.miyazaki.lg.jp/index.html

 

 

※「新燃岳の規制区域と霧島市全域マップについて」は、こちらよりダウンロードできます 2017,10,31 霧島市全域地図 (2㌔)

※「霧島山の登山道規制図」は、こちらよりダウンロードできます 2017,10,31 霧島山の登山道規制図(新燃岳火口より概ね2km) 2017,10,31 霧島山の登山道規制図(硫黄山火口から概ね100m)

 

 

霧島ニュース