公益社団法人霧島市観光協会 KIRISHIMA CITY TOURISM ASSOCIATION

MENU
  1. 霧島観光.comトップ »
  2. 霧島ニュース »
  3. 韓国岳から大浪池へ(12月7日)

韓国岳から大浪池へ(12月7日)

  • 韓国岳から大浪池へ(12月7日)
  • 韓国岳から大浪池へ(12月7日)
  • 韓国岳から大浪池へ(12月7日)
  • 韓国岳から大浪池へ(12月7日)
  • 韓国岳から大浪池へ(12月7日)
  • 韓国岳から大浪池へ(12月7日)
  • 韓国岳から大浪池へ(12月7日)

1ヶ月振りの韓国岳から大浪池トレッキング

 前日寒かったので、霧氷との出会いがあるかなと期待しながら韓国岳へ登り始めると

スタートが午後ということもあり、

新設された迂回路は雪解けや霜解けのために、大変滑りやすく、すれ違う人は靴がどろどろ。

是非、トレッキングシューズと泥除けの為のスパッツ着用を提案。

韓国岳山頂から望む新燃岳火口は、高温なはずが、うっすら残雪らしいものが見える。

新燃岳噴火で降った火山灰は、韓国岳山頂周辺や大浪池へ下る階段にはほとんどなく

あれだけ粘着性が高かったのに、いつの間にか無くなる自然の力に驚いた。

韓国岳避難小屋周辺からえびの高原へ向かう登山道には、

所々にまだ火山灰が残っているところがあり、これがやっかい。

靴底にびっしりとくっつき、かなり歩きにくい。

県境へ出るコースは、もともとぬかるみ易く足元が悪いので、

これからのシーズンはさらに注意して歩きたい。

登山する前は火山情報や風向き等を必ず確認を。

霧島ニュース