公益社団法人霧島市観光協会 KIRISHIMA CITY TOURISM ASSOCIATION

MENU
  1. 霧島観光.comトップ »
  2. 霧島ニュース »
  3. 高千穂峰 夢が丘コースを歩いてきました☆

高千穂峰 夢が丘コースを歩いてきました☆

  • 高千穂峰 夢が丘コースを歩いてきました☆
  • 高千穂峰 夢が丘コースを歩いてきました☆
  • 高千穂峰 夢が丘コースを歩いてきました☆
  • 高千穂峰 夢が丘コースを歩いてきました☆
  • 高千穂峰 夢が丘コースを歩いてきました☆
  • 高千穂峰 夢が丘コースを歩いてきました☆
  • 高千穂峰 夢が丘コースを歩いてきました☆
  • 高千穂峰 夢が丘コースを歩いてきました☆

朝から生憎の雨。前日からの暴風は少し弱まった様子だったので、天候次第で引き返すことも条件に考えながら、高千穂峰 夢が丘コースを歩いてきました。

高千穂峰への登山は、高千穂河原登山口からのコース(霧島市側)、霧島東神社登山口からのコース(高原町)、夢が丘登山口からのコース(都城市)などがあります。※その他、登山道に管理者のいないコースもあり、入山には届が必要となります。

夢が丘コースは平成27年11月1日より都城市が管理者となり開放した登山道で、御池小学校北側にある登山口から上り約2時間半です。登山口には駐車場とトイレ、看板も設置されています。登山届を出していざ出発です!

5合目付近までは林道が続き急な傾斜も多々ありましたが、あたりを見回すとヤブツバキやシキミの花がたくさん咲いて、近くではオスジカの甲高い声が聴こえてきました。

林道を過ぎ低木の木々を縫うように歩くと、横に沢が流れる様子を見たり、景色がぱっと開けたりと変化も楽しめました。足元にはツクシショウジョウバカマやタチツボスミレが賑やかにたくさん咲いていましたが、悪天候のためみんな下を向いていました。

見晴らしの良さそうなところも通りますが、生憎の雲の中。濃い霧で何も見えませんでしたが、天然のミストを全身に浴び、お肌がキレイになったかもしれません♡

岩場や木の枕木階段をひたすらに上り、9合目付近に近づくと真っ白い霧の中にうっすらと浮かぶ注連縄と紙垂。あまりの神々しさと神秘的な雰囲気に息をのみました。ここから神域ですよということでしょう。

 

 

無事に山頂に着き避難小屋で軽くエネルギーを補給したあと高千穂河原へ下りる予定でしたが、止まない暴風に安全を考慮し断念しました。高千穂河原へ続く登山道の途中には馬の背と呼ばれる両脇崖の細い道を通るのです。

 

来た道を引き返しながら下山していると、一瞬だけ雲の晴れ間が現れました。お天気の良い日に登ると素晴らしい絶景を見られるんだろうなと次回に期待しながら疲労した足を行き進めました。

 

 

今回は悪天候でしたが、お花もたくさん見られ楽しいコースです。ぜひ一度歩いてみてはいかがでしょう^^*

 

ガイドさんと一緒に霧島を歩く 霧島たびびと案内版

 

登山するにあたっての注意事項

登山は自己責任が原則です

ラジオ、携帯電話、コンパス等を携行し、随時風向き、天候等の情報を収集するようにしましょう

地震や地鳴り、鳴動等の異常を感じたときは慌てず速やかに下山してください

入山前には登山届を出しましょう

霧島ニュース