公益社団法人霧島市観光協会 KIRISHIMA CITY TOURISM ASSOCIATION

MENU
  1. 霧島観光.comトップ »
  2. 霧島ニュース »
  3. 旬の恵み

旬の恵み

  • 旬の恵み
  • 旬の恵み
  • 旬の恵み

霧島市は(あゆ)の日本有数の採捕量を誇ります。
鮎漁解禁の6月となると、楽しみにしていた釣りファンの方々が一斉に釣り糸を垂らす光景に、霧島に夏が来たことを感じさせてくれます。

その鮎が生息する霧島市を流れる天降川(あもりがわ)。流域沿いには温泉宿も立ち並び、鮎の捕れる9月ごろまで「鮎料理」を堪能することができます。

わたしがいただいたのは、天然鮎の塩焼きと鮎めし、そして鮎のお刺身。新鮮だから臭みも全くなく、歯ごたえもありとっても美味でした。
こんがり焼き色の付いた塩焼きの鮎は、皮がパリッパリで、中の身はふわふわ。海のお魚の食感とはまた違う、繊細なやさしいお味?
鮎めしは、大きな土鍋でご飯といっしょに炊いたもの。ほとんど味付けをせず、鮎のおいしい旨味がお米にしみ込んで、香りも存分に楽しめます。

 

鮎料理は、日当山温泉郷や妙見・安楽温泉郷のお宿、また霧島市内各地の飲食店などで食べることができます。
目安は9月ごろまで。秋口からは産卵に入るので捕獲するのは難しいのだそうです。

旬な時期に旬のものを食す。
最高の贅沢ですね~

霧島ニュース