公益社団法人霧島市観光協会 KIRISHIMA CITY TOURISM ASSOCIATION

MENU
  1. 霧島観光.comトップ »
  2. 霧島ニュース »
  3. やぶきた・・・とは?

やぶきた・・・とは?

  • やぶきた・・・とは?

朝夕冷え込むと、熱い飲み物が欲しくなりますよね。

コーヒー・紅茶・お湯割りの焼酎・・・もちろん“霧島茶”

今回は、皆さんも一度は耳にしたことがあると思われるお茶の品種“やぶきた”のお話です。

やぶきた”と聞いて”なぜやぶきた?”と思われたことは・・・ありますか。

“やぶきた”の名前の由来は、茶の品種改良の先駆者・杉山彦三郎が、

現在の静岡県静岡市清水有度の竹やぶを開墾し、集めたお茶の種子を蒔いて茶園をつくりました。

その中から2本の優良系統を選抜し、やぶの北側に植えたものを「やぶきた」

南側に植えたものを「やぶみなみ」と命名。

“やぶきた”は、収穫量・品質、耐寒性・耐病性などにおいて非常に優秀で、

栽培する地域を殆ど選ばない性質を持つ茶です。

杉山彦三郎の没後“やぶきた”は現在、全国の茶園面積の約75%で栽培される人気の品種です。

鹿児島県では約40%ほど栽培されています。

ちなみに・・・茶は“挿し木”によって繁殖させます。

茶園では、”挿し木”で繁殖した苗を植えて育てます。

お茶を飲む時に思い出してみて下さい。

 

霧島ニュース