第1回 霧島チームロード

2012 Kirishima Team Road

自転車天国TOP  >  自転車天国イベントレポート  >  第1回 霧島チームロード

ムービー「第1回 霧島チームロード」

九州各地からロードバイク乗りたちが集いました

去る2012年12月8日、第1回 霧島チームロードを開催しました。

自然豊かな霧島路を舞台に、厳しくも楽しい、ロードレースの世界に通じるイベントができないだろうか・・・と、考えて企画されたイベントです。距離112km、獲得標高2600m超のハードコアなコースに全力でアタックします。

今回はジェントルマンズレースという形式で走ることにしました。これはチームごとにスタートを切り、チーム員全員でゴールまでたどり着かなくてはならないという方式です。その精神をオリジナルのサイトから引用しておきましょう。

「レースでありながらレースではありません。求められるのはライダーとしてのタフさであり、仲間を思いやれる紳士の精神です。クラブライドでもなく、グランフォンドでもなく、ましてやロードレースでもないこのレースにおいて、サドルの上で味わう苦痛と歓喜は、プロレーサーのそれに決して劣らないことを、ライダーはみな感じることができるのです。」

自転車はその走行速度がゆえに、先頭を走っている選手に比べて、後方の選手がずいぶん楽をできる(ドラフティングといいます)のですが、このシンプルな物理現象によって、自転車レースには他の競技にはない深みが存在します。どれだけ強くても、ロードレースにおいて単独で飛び出していくのは、空気の壁に阻まれ難しいものだし、チームメイトと助けあうための武器にもなりえます。

九州の各地からこの大会コンセプトに共鳴して、普段から走力を高めているロードバイク乗りたちが集いました。これまでレースにいくども出てきた選手たちも、初めての形式とタフなコースを前に、少し緊張の面持ちです。事前説明を受け、一段となって各チームスタートしていきました。

途中高千穂河原からえびの高原付近では、みぞれの中を進むような場面があったり、道を見失ってあらぬ方向まで進んでしまうチームがあったりと、ハプニングを乗り越えながらもゴールまでたどり着いた感動はひとしおだったと思います。ゴール後には焼肉パーティーが催され、その日に作ったみやげ話を肴に大盛り上がりでした。

第1回 霧島チームロード 主催 西薗良太

主催 西薗良太選手

西薗良太

西薗良太

プロロードサイクリスト
1987年9月1日生まれ
身長170cm 61kg

鹿児島県霧島市出身、中学よりロードレースを始め、東京大学在学中にインカレロード・タイムトライアルの二冠を達成。卒業後プロロード選手に。現在チャンピオンシステムプロサイクリングチームに所属。2012年全日本個人タイムトライアル優勝

ギャラリー

スタート地点 霧島高原国民休養地

まほろばの里周辺

第1チェックポイント周辺

霧島神宮周辺

第2チェックポイント周辺

高千穂河原

新床展望台まで

えびの高原

霧島アートの森周辺まで

ゴール 霧島高原国民休養地

レース後の打ち上げ

サポーター

  • 霧島観光協会
  • 霧島市総合観光案内
  • 瀬戸口近代車商会

facebook

twitter