はじめての霧島〜神話のまちと火山の恵〜

~神々が宿る神話の大地。火山と生きる湯のまち霧島~神話のまち霧島をめぐる旅日本で初めて国立公園に指定された霧島連山の雄大な自然や、そのふもとから湧き出る温泉に恵まれた地、霧島。悠かなる時の流れと、大いなる自然のめぐみを感じる旅へ。ぜひ一度、霧島へお越しください。

鹿児島空港

東に霧島連山、南に桜島が眺望できる十三塚原の台地にあり鹿児島の空の玄関口として絶好のロケーションを誇ります。到着ロビーを出てすぐ目の前には霧島市空港PRブースがありここではいろいろな観光情報を収集することができます。どこに行こうか迷ったら!!観光情報をPRブースで聞いてみよう。

鹿児島空港霧島PRブース
  • 鹿児島空港

鹿児島空港

塩浸温泉龍馬公園
塩浸温泉龍馬公園

塩浸温泉龍馬公園

龍馬が湯治した源泉を利用した「塩浸温泉」と「龍馬とお龍の縁結びの足湯」、「坂本龍馬・お龍新婚湯治碑」のほか、龍馬が入ったとされる湯船があります。

住所:霧島市牧園町宿窪田3606
電話:0995-76-0007

坂本龍馬と妻のお龍が日本最初の新婚旅行に訪れた地、霧島。その際、もっとも長く逗留した場所は塩浸温泉です。
龍馬が塩浸の温泉に入り、ピストルで鳥をうったり、川で魚をとったりして楽しみました。
龍馬も愛したのこのお湯を、手湯で少し楽しんで、川のせせらぎに耳を傾けながらゆったりとした時間を楽しみましょう。

日本最初の新婚旅行

坂本龍馬は、1866年(慶応2年)、寺田屋事件で受けた刀傷を癒すため、妻お龍とともに薩摩を訪れ、温泉で湯治をしながら、霧島を満喫し、人生最高の日々を過ごしました。この旅が「日本最初の新婚旅行」と言われています。
塩浸温泉龍馬公園の資料館「この世の外」では、龍馬の霧島での足取りや姉乙女に宛てた手紙などの資料があります。また、龍馬は手紙の中に「志をひ多し(しおひたし)」と書いています。是非探してみて下さい。

霧島温泉市場

霧島温泉市場

霧島温泉郷の中心部にある霧島温泉市場。
施設内には飲食店やお土産のお店が並んでいます。
広場の中央にある足湯は順番待ちが出ることも!!
タオルも用意してあるので手ぶらでOKなのが嬉しいですね。(利用料金おとな100円、こども50円)
足湯で疲れを癒したら、coffee house空のふもとの美味しい珈琲に特製の黒豚の生ハムサンドでお腹を満たしましょう。

霧島温泉市場

塩浸温泉龍馬公園

お客様が居心地良く、「また来たいなー」と思って頂けるような飲食の提案、
空間の提供に心がけています。一杯の挽きたての珈琲とケーキ、特製バゲットと
霧島高原ロイヤルポークを使用した黒豚生ハムのサンドが好評です。

住所:鹿児島県霧島市牧園高千穂3878-114(霧島温泉市場1F)
TEL:0995-78-3199 営業時間:9:30~18:00(オーダーストップ)
定休日:火曜日(祭日営業)

霧島神宮

天孫降臨の神話の主人公、ニニギノミコトを主祭神として祀る神社。その歴史は古く、平安時代に編纂された「延喜式」にも記されています。もともとは高千穂峰付近にあった社殿は噴火による焼失で何度も移り、現在の社殿は島津藩主吉貴公の寄進で300年ほど前に建てられました。老杉に囲まれた、何とも荘厳で清浄な空気に包まれた神社です。

樹齢800年の御神木やさざれ石、さらには、霧島七不思議の伝説などパワースポットとしても有名です。
御神木の裏手に周り見上げると、幹の上に神様が宿っているよに見えることも有名です。
霧島神宮社殿の左手から裏へ向かうと...そこには神秘的な杉の巨木に囲まれた山神社が。
神様にお参りをして神秘的な空気に満ちたパワースポットのエネルギーを感じてみましょう。

住所:鹿児島県霧島市霧島田口2608-5 TEL:0995-57-0001

霧島神宮